トップページ > サービス/メニュー > お墓と仏事の知識 > 石材物性データの試験方法

石材物性データの試験方法

【試験方法】

1.数値の換算
  従来単位の試験機または計測器を用いて試験する場合の国際単位系(SI)数値への換算は、次による。
  1kgf=9.80N
  (換算 N/㎟ N/㎠÷100 kgf/㎠×9.80665)

2.見掛比重
  試験体は、供試石材の代表的な部分から3個切り取り、大きさ10×10×20㎝の直方体(注:20㎝を石理にほぼ垂直方向とする。)とする。
  試験体の加工面は平たんに仕上げする。
  これを105~110℃の空気乾燥器内で恒量となるまで乾燥する。その後取り出してデシケータに入れ、冷却した後質量及び正味体積を量る。
  見掛比重は、次の式によって算出し、試験体3個の平均値をもって表す。
  見掛比重=質量(g)÷正味体積(㎤)

3.吸水率

ページトップへ戻る
Copyright(C) 宇部市の墓石店・石材店「小西石造」 All Rights Reserved.