トップページ > サービス/メニュー > お墓と仏事の知識 > 御宮のまつり方

御宮のまつり方

●御宮を祀る位置
御宮は一家の中心になる清浄なところで、拝みやすい場所を選ぶ。鴨居の下をくぐるようなところは避けた方がよく、南向きか東向きがよい。

●御神札の祀り方
御宮の中央に伊勢神宮の大麻(神符)を祀る。一社宮の場合、一番前に神宮大麻、次に氏神様、その次に信仰する神社の神札を順次重ねて祀る。三社宮の場合は中央に伊勢神宮大麻、向かって左に自分の信仰する神社の神札を祀る。

●拝礼の仕方
手を清め口をすすぎ、身心を清浄にして神前に向う。そして二拝(二度深くおじぎをする)、二拍手(二度手を打ちならす)、一拝(一度深くおじぎ)する。家族揃って参拝する時は、主人が前に家族は後にならび、主人の参拝の作法に合せて拝礼する。

●お供物と飾り方
中央御宮の前に神鏡をすえるが、神鏡に磨かれた方を前面に向け、紋様のある方が後を向くようにする。
御宮の左右前に榊や灯明具を立てるが、その両横に真榊を立てる。真榊は必ず一対を立てるが、宮形に向って右に鏡と玉、左に宝剣を下げる。
供物は毎朝供える。供物は洗米(または炊いた御飯)、塩、水などで、洗米・塩は土皿に山型に盛り、水は水玉に入れ蓋をとって供える。また、これらの供物は三方や折敷にのせて供えるとよい。
折敷や三方は縁にとじ目のある方を手前に向ける。
毎月1日や15日、神宮や氏神さま等の祭月や家庭の記念日には御神酒や海川野山のものを供える。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 宇部市の墓石店・石材店「小西石造」 All Rights Reserved.