トップページ > サービス/メニュー > お墓と仏事の知識 > 日本の銘石 1

日本の銘石 1

●徳山みかげ / 山口県産
山口県徳山湾沖合の黒髪島で明治初期より採石され、主に中国地方以西、九州一円で使用されている御影石。

●吾妻みかげ / 宮城県産
国産材の中で細目類に属する高級石材。しっとりとした青味があり、熟練した職人が厳選した良質材だけが出荷され、日本全国で幅広く利用されている。

●芝山石 / 福島県産
白御影の中でも吸水率が低く、高硬度。美しい色目は上品で落ち着きある輝きは、墓石に適している。

●白河石 / 福島県産
200年以上の歴史を持つ。白色の美しさを活かし、灯籠などに用いられる。

●十万石青みかげ石 / 福島県産
細目で青みをもった落ち着いた石目が特徴。

●深山ふぶき / 福島県産
青みの濃い花崗岩の中に、白い長石が吹雪のように舞う模様を持つ深山ふぶき。艶持ちがよく変色しないため、墓石に最適。長尺物にも対応可。

●滝根みかげ / 福島県産
昭和48年より採石を開始。福島を代表する石材の一つで、特級以外白手の石もある。色合いや艶持ちも評価されていて吸水率が低く、サビが出にくい。

●花塚みかげ / 福島県産
昭和49年から採掘が開始されており、主に外柵材として使用されている荒目系花崗岩。

●中山石 / 福島県産
石目の整った高級黒御影石。墓石材として幅広く使用されている。中山石は火成岩の深成岩に属し、岩石の中でも最高の硬度と最小の吸水率を兼ね、耐圧耐震性とも優れている岩石。

●青葉みかげ / 福島県産
最高の硬度と最小の吸水率を誇る。美しい青色の光沢を放ち艶もちや角もちにも優れており、碑、門柱、建築材など幅広い用途に用いられる。

●大倉みかげ / 福島県産
スジや黒玉がなく、切れ、角モチがよい。

●白馬石 / 福島県産
石目は荒々しく良く引き締まった青味のある美しさ。色むらが少なく最高の硬度を誇る。吸水率も低く塩害に強いので、海沿いの墓地や極寒地においても適している。

●磐梯みかげ / 宮城県産
深い青味を持つ小目。繊細でしっとりとし、重量感にあふれている。硬度が高く、吸水率の低い最高級石材。

●真壁小目 / 茨城県産
真壁石のうち、石目の込んでいるもの。青味が強く粒度が細かい。良質(優美・堅牢)で変色しない最高の銘石。墓石・灯篭・土木・建築材などに幅広く使用されている。

●真壁中目 / 茨城県産
真壁石のうち、小目石より粒度が荒く、やや白い。良質(優美・堅牢)で変色しない最高の銘石。墓石・灯篭・土木・建築材などに幅広く使用されている。

●本小松 / 神奈川県産
緻密な石質と気品のある色調などから、高級墓石材として根強い人気を誇る。

●本山崎 / 山梨県産
山崎石は甲府市の北西の山で古くから採石している安山岩で、硬く磨くとグレー色の石。光沢が長く維持され高級墓石に最適な石である。白色に近い色調の緻密な石質を持つ。

●庵治石 - 細目特上 / 香川県産
日本産御影石の最高峰。青味を帯びた石目に黒雲母が入り、微少なまだらに見える。最大の特徴は「班(ふ)」と呼ばれる模様である。世界に類のない質の良さと希少価値から、石材の単価としては世界一と評価されている。

●庵治石 - 細目極上 / 香川県産
日本産御影石の最高峰。地肌のきめが細かく、風化に強い。最大の特徴は「班(ふ)」と呼ばれる模様である。世界に類のない質の良さと希少価値から、石材の単価としては世界一と評価されている。

●庵治石 - 中目特上 / 香川県産
黒い斑点が散りばめられているのが特徴。細目・中目ともに世界に類の無い質の良さと希少価値のある石材。一般的には取り扱いし易い高級墓石材として評価されている。

●庵治石 - 中細目 / 香川県産
細目よりも白く見えるが、硬度は遜色ない。細目・中目に比較して産出量は少ない。色・目合は産出場所、時期によって一定ではない。対候性、退色性は良好。

●青木石 / 香川県産
色むらがなく落ち着きのある均一したやさしい目合いの石で、特に女性に好まれる。独特の青みがあり、墓石の他建築石材としても評価され、様々な分野で使われている。

●大島一級 / 愛媛県産
庵治石と並び、日本の石を代表する最高級品。つや持ちがよく、変色しにくい。青みを含んだ気品のある石肌が特徴。建立後、時を経る毎に青みが強く感じられ益々美しくなる。関西・中国地方で人気がある。

●紀山石 / 福島県産
採石20年余り。 石目が細かく、青味を帯びた上品な色合い。関西地方を中心に西日本で墓石本体用として使用されている。

●荻野石 / 福島県産
凝灰石。水分を含むと青く変色する。石塀、敷石など環境石材として又、板材として建築の壁材に利用されている。

●浮金石 / 福島県産
国産として希少な高級黒御影石(正確には斑レイ岩)。昭和初期から墓石や建築材として使用されている。採掘量は少なくなっているが、関東・東北で墓石用本体として人気がある。

●稲田石 / 茨城県産
明治21年から採掘開始され、日本を代表する中目白御影石。色調がきれいで、艶がよく出る良質の石。歴史的建造物や神社等に多く使われ、墓石や建築物などのあらゆる分野で使用されている。30尺を超える大材も採掘可。

●羽黒糠目 / 茨城県産
石質、色合いともに高級品として位置づけられている。

●やさとみかげ / 茨城県産
やさとみかげはサビが出にくく光沢を長く維持することが出来る。墓石・外柵に適していると思われる。

●万成石 / 岡山県産
桃色がかった独特の色が、かわいらしさと高級感をうむ御影石。美しい淡紅色が特徴故に柔らかく見られがちだが実に硬い花崗岩。用途は銅像台・墓・石彫・碑・建築等。

●備中青みかげ / 岡山県産
御影石には珍しい深い青色の持ち味から、墓石をはじめ土木・建築等多分野で使用されている。地方により「矢掛青みかげ」「隠岐青みかげ」「飛鳥」と名称されている。

●蛭川みかげ石サビ石 / 岐阜県産
磁鉄鉱系花崗岩である。色は白とサビの二種類。建築材・造園材が多い。

●額田中目石 / 愛知県産
岡崎御影石の中で安定性・利便性で高い評価。大物材から墓石材まで広く利用され、特に彫刻用として最適。

●小呂青石 / 愛知県産
小呂青石は細目の黒雲母花崗岩でキメが細かく光沢が優良で、吸水性にも優れており、主に墓石材として利用されている。

●足助(荒目)みかげ / 愛知県産
石目が大目ではありますが、青みが強くて硬く艶もちも良く、石材の永年の変化も少なく、磨くときれいな石です。

●宇寿石 / 愛知県産
黒雲母・白雲母が両方ある花崗岩。飛矢による割れが良い。尚、石の粘りもあり、墓石以外にも鳥居などに利用される。

●伊達冠石 / 宮城県産
採石60年余り。柱状節理の岩層から長さ10尺程度までの自然石状で産出。時とともに鉄褐色をおびてくる。

●和田山石 / 福島県産
白黒はっきりしている白御影石。

●坂戸石 / 茨城県産
稲田石よりやや黒く石質は硬く、外柵・モニュメント・鳥居などに用いられる。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 宇部市の墓石店・石材店「小西石造」 All Rights Reserved.