お彼岸とは?

お彼岸は「 彼岸会 (ヒガンエ) 」とも言い、春は3月21日頃の春分の日を挟んで前後3日ずつ、秋は9月23日頃の秋分の日を挟んで前後3日ずつのそれぞれ1週間のことをいいます。
 彼岸とは
向こう岸を意味する言葉で、迷いの多い此岸 ( シガン = この世 ) に対して、仏の理想の世界である向こう岸、つまり悟りの世界や浄土のことを言います。日本では、その浄土に渡るために、善事を行い、先祖に思いを馳せ、供養を行う期間を彼岸と言うようになりました。仏教には西方浄土といって、西に極楽があるという考えがあり、春分の日、秋分の日とも、真東から出た太陽が、浄土があるとされる真西に沈む日であることから始まった日本独自の行事です。約1200年前に全国の国分寺の僧侶らが、春と秋の2回、7日間にわたり仏をたたえてお経をあげたと伝えられています。それから次第に一般の人にもお彼岸が広まったとされています。仏教行事ですが、インドや中国にはありません。
 暑さ寒さも彼岸までというように季節の変わり目を実感させる季節のシンボル的存在でもあります。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 宇部市の墓石店・石材店「小西石造」 All Rights Reserved.