お彼岸とは?

お彼岸は「 彼岸会 (ヒガンエ) 」とも言い、春は3月21日頃の春分の日を挟んで前後3日ずつ、秋は9月23日頃の秋分の日を挟んで前後3日ずつのそれぞれ1週間のことをいいます。

 彼岸とは向こう岸を意味する言葉で、迷いの多い此岸 ( シガン = この世 ) に対して、仏の理想の世界である向こう岸、つまり悟りの世界や浄土のことを言います。日本では、その浄土に渡るために、善事を行い、先祖に思いを馳せ、供養を行う期間を彼岸と言うようになりました。仏教には西方浄土といって、西に極楽があるという考えがあり、春分の日、秋分の日とも、真東から出た太陽が、浄土があるとされる真西に沈む日であることから始まった日本独自の行事です。約1200年前に全国の国分寺の僧侶らが、春と秋の2回、7日間にわたり仏をたたえてお経をあげたと伝えられています。それから次第に一般の人にもお彼岸が広まったとされています。仏教行事ですが、インドや中国にはありません。

 暑さ寒さも彼岸までというように季節の変わり目を実感させる季節のシンボル的存在でもあります。

彼岸会は『到彼岸』の意味とされる。すなわち現在、我々が住んでいるこの世界は此岸(しがん)であり、仏菩薩の悟りの世界である彼岸に渡ることを目的とするのが彼岸会の仏教的な意味である。

 彼岸会は原語のサンスクリット語(梵語)では、パーラミーターと言われる。

 そして此岸から彼岸へ、すなわち悟りの世界へと入るための六波羅密とは1、布施(財施〈財を施すこと〉・法施〈真理を教えること〉・無畏怖〈恐怖を取り除き安心を与えること〉の三種)2、持戒(戒律を守ること)3、忍辱(にんにく・苦しさに耐えること)4、精進(常に仏道を修するための努力をすること)5、禅定(心を安定させること)6、智慧(真理を見抜く力を身につけること)の以上六つの徳目のことである。

いずれにしても彼岸会は悟りの世界へと一歩踏み出すための法会であるわけだが、春分・秋分の日に行われる彼岸会は、仏教的行事となる以前は日本人の農耕生活に深く根付いた行事であったと思われる。

 彼岸の7日間の間に『日の伴』とか『日迎え日送り』をする行事は近畿一帯にあった。これは、朝の日の出る東の方のお宮やお寺に参り、農耕の安全と豊作を祈り、これを節目として祖先の霊を祀るのである。きわめて原始的な太陽崇拝ともいえるが、彼岸会が太陽と農耕と切り離せない関係にあることは確かである。

 彼岸には太陽が真西に沈み、その方向に向かって念仏すればかならず極楽に往生ができるとされている。

 ところで彼岸会は春分の日を中日として前後3日間、計7日間にわたって営まれる法要なのだが、仏教行事でありながらインドや中国には同じような行事が見当たらない。すなわち彼岸会は日本独特の仏教法会であるといえる。その始まりははっきりしたことが分らず聖徳太子が構想したものであるという説もある。

 彼岸会の時には在家では仏壇を丁寧に掃除し、また墓参りするのが習慣であり団子をつくって供えることは日本中広く行われている。そのうちおはぎはお彼岸の時どこの和菓子屋の店頭にも並ぶものであるが、春に作るものをボタ餅、秋につくるものをおはぎと呼ぶという説もある。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 宇部市の墓石店・石材店「小西石造」 All Rights Reserved.