お盆とは?

「盂蘭盆会」(うらぼんえ) のことで略してお盆と言います。

 お盆の行事は「盂蘭盆経」に説かれている目連尊者の話に由来します。目連はお釈迦様の弟子の中でも神通力一番と言われていました。ある時、目連はこの神通力を使って、母親の死後の世界を見たのです。すると、母親は餓鬼道に堕ちて飢えと渇きに苦しんでいるではないですか。そこで目連はお釈迦様にどうしたら救えるのかをたずねました。お釈迦様は「お前の母親は生前、物惜しみして他人にお布施をしなかった。代わりにお前が布施行をしなさい」と言われました。目連はお釈迦様の教えにしたがい、僧侶たちの夏の修行期間のあける7月15日に多くの僧や貧困に苦しむ人達に飲食物などを施したのです。すると、その功徳によって母親は極楽往生がとげられました。それ以来 (旧暦) 7月15日は、父母や先祖に報恩感謝をささげ、供養をする重要な日になったのです。

 現在、日本各地でおこなわれるお盆の行事は、各地の風習などが加わったり、宗派による違い (例・浄土真宗では霊魂が帰ってくるとは考えません) によって様々ですが、一般的に先祖の霊が帰ってくる期間だとされています。

お盆は各地方、宗派によって様々なしきたりや習慣がある。日程的には東京都内は7月13日から4日間行うことが多く(陰暦を基にしている)、全国的にみれば8月13日から4日間行われるところが多い。陰暦の日取りをそのまま受け継ぐ七日盆の場合、お盆は七夕(たなばた)の日が盆の始まりであるとされ、7月7日の七夕の日に墓掃除や墓場に行く道の草を取ったり、仏壇の道具類を磨き清めることも行う。

7月盆の場合も八月盆の場合もお盆を始めるのはそれぞれの月の13日でありこの日の夕方に墓参りをして、先祖の霊を迎えにゆく。

 墓参りには一族が揃ってでかける。着いたら一族の代表が花や供物を墓前に供え、それから血縁の濃い順に合掌礼拝し、線香や水を手向ける。お墓が菩提寺の寺内にある場合は、仏前の火をいただき、それを提灯の中に入れ灯で先祖の霊を家まで導く。

お盆は各地方、宗派によって様々なしきたりや習慣がある。日程的には東京都内は7月13日から4日間行うことが多く(陰暦を基にしている)、全国的にみれば8月13日から4日間行われるところが多い。陰暦の日取りをそのまま受け継ぐ七日盆の場合、お盆は七夕(たなばた)の日が盆の始まりであるとされ、7月7日の七夕の日に墓掃除や墓場に行く道の草を取ったり、仏壇の道具類を磨き清めることも行う。

墓参りには一族が揃ってでかける。着いたら一族の代表が花や供物を墓前に供え、それから血縁の濃い順に合掌礼拝し、線香や水を手向ける。お墓が菩提寺の寺内にある場合は、仏前の火をいただき、それを提灯の中に入れその灯で先祖の霊を家まで導く。

以上のことを迎え火(むかえび)と言うが、現在では門口の中で苧殻(麻の茎) を焚いて迎え火とするところが多い。この場合の火種も寺院や墓場の火であるところが多い。

 迎え火の変形として有名なのが盆提灯である。門前に吊された提灯は、祖霊がやってくるための目印であり、またその家の中に祖霊が滞在しているしるしであるとされ鎌倉時代からこの盆提灯の風習は行われていた。

家の中には精霊棚を設けて祖霊を迎える。精霊棚とは先祖の位牌を安置し、真菰筵(まこもむしろ)の上に水や線香、供物を供えたもので地方によってはナスやキュウリに苧殻(おがら)を突き立てて、牛や馬に乗って先祖の霊が帰ってくるとされる。精霊棚は仏壇がある場合、特別に設ける必要はない。

お盆の期間中には菩提寺の住職がお経を上げるために檀家を回るが、このことを棚経(たなぎょう)と呼ぶ。この時『お布施』と上書した不祝儀袋か半紙で謝礼(お布施)を包む。遠方より来ていただいた場合は『お車料』、昼時と重なれば昼食を召し上がっていただくか、『お膳料』を包む。16日には送り火で祖霊をあの世に送る。この時、先祖の霊があの世へ無事に着くようにとの願いをこめて、門前で苧殻を焚く。京都の夜を美しく彩る大文字焼はこの送り火の名残りであるとされる。

精霊棚の供物は蓮の葉に包んだり、わらで編んだ入れ物に包んで海や川に流す、このことを精霊流しという。打ち上げ花火は元来、精霊送りの行事であったとされている。

 前年のお盆以降に故人を出した家で迎える盆のことを新盆(にいぼん)と呼び、とくに厚く供養がなされる。以上は死んだ者に対する供養のことであるが、お盆では生きている者に対する供養も行い

ページトップへ戻る
Copyright(C) 宇部市の墓石店・石材店「小西石造」 All Rights Reserved.